【楽天】弓削、新球シュートで来季10勝誓う…1000万円から350万円増でサイン

来季の「十勝」を誓った楽天の弓削
来季の「十勝」を誓った楽天の弓削

 楽天のルーキー左腕・弓削隼人(25)が21日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1000万円から350万円増の1350万円でサインした(金額は推定)。今季は8試合に登板して3勝3敗、防御率3.74だった。

 193センチと日本人左腕で最長身の弓削は、7月30日の日本ハム戦(札幌D)ではプロ初勝利を初めての完封で飾った。シーズン終盤には中継ぎも経験。「先発で長いイニングを投げられたことを評価してもらえたかなと思います。(初完封の)日本ハム戦が自信になりました」と1年目を振り返った。

 倉敷秋季キャンプでは新球・シュートの習得にも取り組んだ。自ら「右打者(への投球)が課題」と語るだけに、右打者の外角へ逃げながら落ちていくシュートを覚えれば、投球の幅も広がる。同キャンプ中の実戦では「空振りも取れていた」と手応えをつかんだという。来季の開幕前には、シュートをマスターしたい考えだ。

 来季の目標を問われると色紙に「十勝」と書き込んだ。「とかち(十勝)と間違われなくて良かった。先発で10勝を目標に頑張ります」と決意を新たにした。(高橋 宏磁)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請