【巨人】畠が290万円減でサイン 今季は右肘のクリーニング手術で「長期離脱して悔しい」

契約更改した畠世周。入籍したことを発表し、自身が書いた夫人の似顔絵を手に笑顔を見せた
契約更改した畠世周。入籍したことを発表し、自身が書いた夫人の似顔絵を手に笑顔を見せた

 巨人の畠世周(せいしゅう)投手(25)が21日、川崎市内のジャイアンツ寮で契約更改を行い290万円減の1630万円でサインした。(金額は推定)

 今季はプロ3年目で初の開幕ローテを勝ち取ったが、3戦に先発し0勝1敗、防御率7・62で、4月15日に出場選手登録を抹消された。チーム状況により4月30日に中継ぎとして昇格し、2試合に登板。再び先発として調整するため、5月6日に抹消された。だが、6月20日のイースタン・楽天戦(楽天生命)での登板が最後で、7月中旬に右肘のクリーニング手術を行った。現在は台湾で行われているウィンターリーグでの復活登板に向け調整中だ。

 オフは岩隈からのアドバイスもあり、初動負荷トレーニングを行う予定。来季は先発ローテの一角として期待が高いが「とにかくチームに貢献したい。与えられたポジションで頑張りたい」と意気込んだ。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請