【広島】ドラ1・森下 マエケンらが背負った背番号18に正式決定

背番号が18に正式決定した広島のドラフト1位・森下
背番号が18に正式決定した広島のドラフト1位・森下

 広島は21日、来季から背番号が変更となる選手、および、新入団選手の背番号を発表した。

 ドラフト1位の明大・森下暢仁投手(22)は背番号18に正式決定した。佐々岡真司監督(52)や、2016年から米大リーグ・ドジャースで活躍する前田健太投手(31)らスター選手が背負ったエースナンバー。鈴木清明球団本部長(65)は「ローテに入って、新人王を挙げる成績を期待します。佐々岡監督もつけた番号なので、同じような働きをしてほしい」と話した。

 また、来季プロ13年目の菊池保則投手(30)は楽天時代から背負った背番号59が39に変更される。同本部長は「昇格!」と移籍1年目の今季、1年を通して1軍でチームを支えた救援右腕への期待を表した。

 今オフ育成から支配下に昇格した大盛穂(みのる)外野手(23)は124から59。その他の新入団選手は以下の通り。

2位 宇草  38

3位 鈴木寛 52

4位 韮沢  54

5位 石原貴 62

6位 玉村  65

育成1位持丸 123

育成2位木下 124

育成3位畝  120

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請