【西武】秋山翔吾がゴールデンスピリット賞の表彰式に出席「父もいろんな思いをもって見守ってくれていると思う」

記念のトロフィーを掲げる西武・秋山翔吾
記念のトロフィーを掲げる西武・秋山翔吾

 西武・秋山翔吾外野手(31)が21日、東京・港区のザ・プリンスパークタワー東京で行われた報知新聞社制定「ゴールデンスピリット賞」の第21回表彰式に出席した。

 プロ野球人の社会貢献活動を表彰する同賞において、秋山はひとり親家庭に育った自身の経験から、15年から埼玉、東京、神奈川、群馬のひとり親家庭の親子を、年間160人招待。球場に来て観戦してもらうことで、野球を通じて家族団らんを提供した。試合前には招待者とサイン会や撮影会で交流し、親子に笑顔を届けた。

 小6の時に、父・肇さんが他界。子供3人は、母・順子さんに女手ひとつで育てられた。壇上では「このような賞を受賞することを、たいへん光栄に思っています」とあいさつ。スピーチでは「父もこのような活動を続けていることに、いろんな思いをもって見守ってくれているんじゃないかと思います。父が亡くなって、19年になりますが、母に女手ひとつで育ててもらい、プロ野球選手になると決めて、ずっと頑張ってきました」と両親への感謝を述べた。

 活動を始めた15年にはプロ野球記録のシーズン216安打をマークした。「招待した試合で、みなさんに喜んでいただくことを最初はモチベーションにやってきました。僕自身が見ていただく緊張感や、やらなきゃいけないという思いを持って、その年は頑張れたんじゃないかと思います」と大記録樹立の原動力になったと強調した。

 「それから5年間、続けてこられたのも、福祉団体のみなさんにご協力いただいたおかげだと思います。僕自身も家族も支えていただいたからこそ、こういう形で恩返しができて良かった」と周囲への謝意を口にした。

 

 <秋山翔吾>(あきやま・しょうご)1988年4月16日、神奈川県生まれ。31歳。横浜創学館、八戸大を経て2010年ドラフト3位で西武入団。15年にはプロ野球記録のシーズン216安打。首位打者1度、最多安打4度、ゴールデン・グラブ6度、ベストナイン3度。184センチ、85キロ。右投左打。

 

 ◇ゴールデンスピリット賞 日本のプロ野球球団に所属する人の中から、積極的に社会貢献活動を続けている人を表彰する。毎年1回選考委員会を開いて、球団推薦と選考委員推薦で選ばれた候補者から1人を選定する。社会貢献活動の表彰は米大リーグの「ロベルト・クレメンテ賞」が有名で、球界での最高の賞として大リーガーの憧れの的になっている。日本では球場外の功績を評価する表彰制度は同賞が初めて。いわば「球場外のMVP」。受賞者にはゴールデントロフィー(東京芸術大学名誉教授・絹谷幸二氏作成のブロンズ像)と阿部雄二賞(100万円)が贈られる。また受賞者が指定する団体、施設などに報知新聞社が200万円を寄贈する。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請