長野県知事ら、アンテナショップで台風19号義援金呼び掛け 今でも避難所に600人超

災害義援金を呼び掛けた阿部守一・長野県知事(左)ともう中学生
災害義援金を呼び掛けた阿部守一・長野県知事(左)ともう中学生

 台風19号による千曲川の決壊などで甚大な被害を受けた長野県のアンテナショップ「銀座NAGANO」(東京都中央区)で20日、災害義援金を呼び掛ける会が開かれ、阿部守一知事(58)、長野市出身のお笑いタレント・もう中学生(36)が出席した。

 阿部知事は「皆様の大きな支えで着実に復興が進んでいる一方、今も避難所では600人を超える方が生活をしている。これから寒くなる前に(復興を)早めていきたい」と主張。被災した長野市、須坂市で収穫したリンゴを「被災地応援リンゴ」として2個500円で販売し、収益を全て義援金としたほか、募金箱を手に寄付を訴えた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請