大淀、5点差一気逆転で頂点に立つ!…第3回大阪東ボーイズ大会

優勝を決めマウンドに集まり喜ぶ大淀ナイン
優勝を決めマウンドに集まり喜ぶ大淀ナイン

◆第3回大阪東ボーイズ大会 ◇中学生の部▽決勝 大淀ボーイズ10―9豊中ボーイズ(16日・奈良大学グラウンド)

 「第3回大阪東ボーイズ大会」は関西秋季大会8強の大淀ボーイズが豊中ボーイズとの大阪北支部決戦を制し、頂点に立った。

 最終回、最後の打者を三ゴロに打ち取ると、玉木は右手を高々と突き上げた。2回の危機から登板し見事、勝利に導いた右腕は「スライダーが良かった。逆転してくれたので、頑張って勝ち切ろうと思った」と笑み。大淀ナインもマウンド周辺で歓喜の輪をつくった。

 初回に4点を先制されるなど苦しい展開だったが、関西秋季8強の打線が奮起した。ハイライトは4点を追う5回だ。1死満塁から、まずは田中が右前へ適時打。さらに相手ミスで2点を加え1点差とすると、代打・臼杵が右前へ同点打を放った。さらに藤木が左前へ逆転打。一気に試合をひっくり返すと、なおも2死満塁と攻め立て、この回2度目の打席に立った上嶋が「打撃は好調。自信を持って打った」と中前へ2点適時打を放ち試合を決めた。

 序盤の大量失点を跳ね返しての勝利に西出主将は「諦めずに勝つことだけを意識し、つないでいけた結果。今年最後の大会をいい形で終われた。来春は全国をとれるよう頑張りたい」と大会初優勝に笑顔を見せた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請