【阪神】藤浪 秋季キャンプ最終日にブルペンで63球「いいキャンプ過ごせた」

阪神・藤波(左)は山本昌臨時コーチが見守る中、キャンプ最終日もブルペンで本格的に投げ込んだ
阪神・藤波(左)は山本昌臨時コーチが見守る中、キャンプ最終日もブルペンで本格的に投げ込んだ

 今季プロ入り初の未勝利に終わった阪神・藤浪晋太郎投手(25)が19日、“実りの安芸”を振り返った。

 高知・安芸での秋季キャンプ最終日となったこの日、ブルペンで63球の投球練習。今キャンプで臨時コーチを務めた山本昌氏(54)の見つめる前で熱の入ったボールを投げ込み、「できていないこともたくさんありますけど、いいキャンプを過ごせたんじゃないかなと思います」と汗をぬぐった。

 今秋、山本昌コーチからは連日、リリース時に「手首を立てること」を意識することなどの指導を受けた。チェンジアップを投げることで手首を立てる感覚を養う練習法は目からうろこだった。オフは“昌の教え”の復習を欠かさず、雪辱を期す来季に備えていく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請