【中日】前回保留の祖父江が2度目交渉でサインも金額は明かさず「僕の考えがしっかりまとまってなかった。納得しています」

契約更改を終え、会見する中日・祖父江
契約更改を終え、会見する中日・祖父江

 中日の祖父江大輔投手(32)が19日、ナゴヤ球場で2度目の契約更改交渉に臨み、球団の提示にサインしたと明かした。更改後の会見では「(球団と意見は)そんなにすれ違っていない。(前回の交渉では)僕の考えがまとまっていなかった。納得しています」と話したが、今季の推定年俸4000万近くからの増減に関しては、「みなさんにお任せします」と具体的な金額を伏せた。

 初回交渉でダウン提示を受けて保留。3年間で130試合に登板し中継ぎとして継続的にチームへ貢献してきたと主張する祖父江と、「評価はするが(査定の)ポイントにはない」と主張する球団側で意見が食い違った。12日の交渉後、祖父江は会見場に姿を現すことはなく「自分の中で気持ちに整理ができなかったので、気持ちの整理がしたい」と広報を通じてコメント。今回が2度目の交渉だった。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請