不適切発言の笠りつ子が涙の謝罪「全ての方に迷惑をかけた」

スポーツ報知
報道陣を前に涙ながらに謝罪会見を行った笠りつ子

 10月のツアー会場で大会関係者に不適切発言をし、12日に厳重注意などの処分が科された、通算5勝の笠りつ子(32)=京セラ=が大王製紙エリエールレディス(21日開幕、愛媛・エリエールGC松山)の会場で取材に応じ、涙の謝罪を行った。

 上下黒のスーツを身にまとった笠は騒動後初めて口を開き、「このたびは私の不適切な発言により、全ての大会主催者、運営の皆様、LPGA、選手の皆様、ゴルフファンの皆様に対し大変ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした」と、謝罪した。

 エリエールレディスは、一身上の都合で欠場することを既に表明。今季ツアーには出場しない。今季は約3923万円を獲得し、賞金ランク29位につけ、2年ぶりのシード復帰を確実にしている。

 ◆笠の不適切発言騒動 10月のNOBUTA GROUP マスターズGCレディース会場で、大会関係者に対して不適切な言葉を浴びせた。大会側はこれまでクラブハウス内の風呂場にタオルを設置していたが、なくなることが多くなったため設置を中止した。笠が関係者に対して理由説明を求めた際に不適切な発言をした。10月31日には「お詫(わ)びと今後の活動についてのご報告」と題した直筆の文面で、当面のツアー出場自粛を発表した。今月11日にはLPGAによる懲戒諮問委員会と理事会が開催され、12日に厳重注意処分を科され、3日間の新人セミナー受講が義務づけられた。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×