カズレーザー、木下優樹菜のDMと謝罪文の言葉遣いの違いに「信じてもらえないですよね。響きはしない」

カズレーザー
カズレーザー

 19日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)では、「タピオカ店どう喝騒動」を起こし、ネットで大炎上したタレントの木下優樹菜(31)が無期限で芸能活動を自粛することを報じた。

 この騒動は実姉がアルバイトとして働いたタピオカ店でオーナー夫妻との間でトラブルが勃発し、木下が店長へ「いい年こいたばばあ」「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるから(原文ママ)」と暴言メッセージを送信。店長の知り合いがSNSに投稿し、騒動が発覚した。

 スペシャルキャスターの「メイプル超合金」のカズレーザー(35)は「1対1でDMを送る時はああいう言葉遣いなのに、公の文書になるとああいう言葉遣いになると、それは信じてもらえないですよね。響きはしないですよね、もう」と見解を語った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請