鈴木大地、楽天入り「成長へ決断」で千葉に別れ

楽天への移籍が決まったロッテ・鈴木
楽天への移籍が決まったロッテ・鈴木
今オフのFA宣言選手
今オフのFA宣言選手

 楽天は18日、ロッテから国内FA宣言した鈴木大地内野手(30)を獲得すると発表した。この日の朝、石井一久GM(46)に鈴木本人から入団の意思を伝える連絡が入った。獲得に乗り出していた巨人、宣言残留を認めていたロッテとの三つどもえの争奪戦を制した。

 楽天は、三塁のウィーラーに衰えが見られるチーム事情を踏まえ、攻守に堅実なプレーが光る鈴木に注目。ロッテで主将や選手会長も務めた人間性やリーダーシップも高く評価し、6日の初交渉では今季年俸1億円の鈴木に対し、4年総額7億円程度を提示していた。石井GMは「私たちの仲間になる決断をしてくれたことに身が引き締まる思い。しっかりサポートしていきたい」とコメントした。

 一方、鈴木はロッテを通じて「僕が千葉ロッテマリーンズを好きという気持ちは、決してウソではありません。ただ、野球選手として、ひとりの人間として大きく成長する、挑戦するという選択、決断をさせていただくことになりました」などとコメントし、苦渋の決断だったことを明かした。前日(17日)のファン感謝祭(ZOZO)でも大声援を浴びたチーム屈指の人気者が、千葉に別れを告げた。

 ◆鈴木 大地(すずき・だいち)1989年8月18日、静岡・小山町生まれ。30歳。桐蔭学園から東洋大を経て11年ドラフト3位でロッテに入団。13、16年に遊撃でベストナイン、17年に二塁でゴールデン・グラブ賞を獲得。今季は140試合に出場し、いずれも自己最高となる打率2割8分8厘、15本塁打、68打点をマーク。通算1061試合に出場し、打率2割7分4厘、54本塁打、384打点。175センチ、79キロ。右投左打。

楽天への移籍が決まったロッテ・鈴木
今オフのFA宣言選手
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請