【侍ジャパン】人選は慎重にしなければいけない…稲葉篤紀監督に聞く

プレミ12優勝を伝えるスポーツ報知を手に笑顔を見せる侍ジャパン・稲葉篤紀監督
プレミ12優勝を伝えるスポーツ報知を手に笑顔を見せる侍ジャパン・稲葉篤紀監督

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(47)が18日、20年東京五輪金メダルのカギとして「プレミア12」の坂本勇人内野手(30)=巨人=を好例に挙げ、短期間でスランプを抜け出す必要性を説いた。五輪ではベンチ入りが24人に限定され、野手は少数精鋭で臨む見通し。スタメンの大幅な変更は難しく、大会前半で不調だった場合に備え、各選手に合わせた即効性のあるスランプ脱出法を模索する。

 ◆指揮官に聞く

 ―優勝から一夜明けて。

 「ほっとしたという気持ちです」

 ―監督の中でMVPは?

 「全員です」

 ―どういう野球を目指すか明確になった。

 「スピード&パワーを掲げ、それは変わらないが、連打で得点するのは難しいと大会を通じて感じた。機動力、バントをしっかり使う必要があると感じた」

 ―五輪への課題。

 「人数が少なくなり代えがいなくなる分、人選を慎重にしなければいけない」

 ―五輪で新戦力の可能性。

 「今回の選手を土台にする。ただ今回、甲斐野がルーキーであれだけの活躍をした。そういう選手が出てくれば、考える必要もある」

 ―松田宣が盛り上げた。

 「本当に呼んで良かった。決勝でスタメンから外してマッチに『申し訳ない』と言ったら『監督、全然大丈夫です。ベンチでとにかく盛り上げますから』という心強い言葉をもらった。本当に助けられた」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請