関大、47年ぶり勝った…森13K0封「要所を締められた」

スポーツ報知
力投を見せる関大先発の森翔平(カメラ・越川 亘)

◆明治神宮野球大会第4日 ▽準々決勝 関大5―0金沢学院大(18日、神宮)

 大学の部では、関大(関西5連盟第1・関西学生)が金沢学院大(北陸・東海3連盟、北陸大学)を破り、元阪急(現オリックス)の山口高志氏(69、関大アドバイザリースタッフ)を擁して優勝した1972年以来、47年ぶりの白星を挙げた。森翔平(4年)が先発全員からの13奪三振で、8回0/3を無失点に抑えた。高校の部では、高崎健康福祉大高崎(関東・群馬)と中京大中京(東海・愛知)が20日の決勝に進出。天理(近畿・奈良)は敗退したが、河西陽路(ひろ)一塁手(2年)が大会新の1試合3本塁打を記録した。

 関大の森が今秋3度目の好投だ。自己最速タイの149キロをマークして9回途中まで7安打無失点に抑え、先発全員から13三振を奪った。10月22日の関西学生リーグ・近大戦は8回無失点で“優勝決定戦”を制し、同28日の関西地区選手権・天理大戦は1失点完投。しかしまたしても公式戦初完封を逃したため「最後まで投げたかった。やっちゃいましたね」と苦笑いした。

 72年の優勝投手だった山口氏から、試合前に闘魂を注入されて緊張がほぐれた。2年前の大会はスタンドで応援していた森は「悪いなりに要所を締められた」と納得顔。山口氏は「森が抑えてくれたので、前半から楽しんでいた」と、社会人入りする左腕をねぎらった。

 無死一、二塁となった9回は、肥後皓介(4年)が森をリリーフ。右肩関節唇損傷で戦列を離れており、5月のリーグ近大戦以来となる公式戦復帰登板だった。秋季リーグ開幕前、森から「神宮で完封リレーをしよう!」というLINEをもらい、今大会に間に合わせた。宿舎では同部屋。肥後が「やっと完封リレーできたな」と声をかけると、森は「完封したかった。代わんなよ!」と、冗談交じりに親友のカムバックを祝った。

 優勝後は40年以上も出場を逃し、近年になって14、16、17年と出場したが、3度続けて初戦敗退。それだけに、早瀬万豊監督(61)は「やっと勝てました。念願の1勝」と、満面の笑みを浮かべた。呪縛から解き放たれた関大が、一気に約半世紀ぶりの頂点を狙う。(伊井 亮一)

 ◆47年前の関大V 大学NO1右腕の山口高志(元阪急)を擁し、初戦の中京大戦は2―1のサヨナラ勝ち。山口高は準々決勝の慶大戦でノーヒットノーランを達成した上に自らサヨナラ打を放つなど注目を集め、準決勝の早大戦、決勝の法大戦も完封で優勝に導いた。山口高は大会前にプロ拒否を打ち出しており、ドラフトではヤクルトから4位で強行指名を受けるも松下電器入り。74年ドラフト1位で阪急入りした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請