沢尻エリカ容疑者逮捕…CM削除、差し替え続々 各社対応追われる

沢尻エリカ容疑者
沢尻エリカ容疑者

 麻薬取締法違反の疑いで逮捕された沢尻エリカ容疑者(33)が、所持していた合成麻薬MDMA以外に大麻やLSD、コカインも使用していたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁組織犯罪対策5課の取り調べに対し、有名人の薬物逮捕の度に「私も危ないんじゃないかと注意していた」と供述していることも判明。違法性を強く認識していたことが明らかになった。一方、NHKは沢尻容疑者が出演予定だった大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の撮り直しに向けて調整に入ったが、混乱は続いている。

 沢尻容疑者をCM起用した企業は週が明けた18日、対応に追われた。

 スキンケア商品「バリアリペア」のCMに起用していた化粧品メーカーのマンダムは、17日に公式サイトやYouTube、ツイッターから、沢尻容疑者の顔が映っている物を削除。全国のドラッグストアなどに配布したポスターやポップに関しては、各販売店の協力を得て撤去作業を随時行っていくとした。

 洗剤などを販売するP&Gの柔軟剤「レノアハピネス」も同じく、CM映像や画像をYouTubeや公式サイトから削除。18日からは新たなCMに差し替えた。販売店用のポップやポスターに関しては、各販売店と対応を協議しており、検討中だとした。

 サントリーのアルコール飲料「ほろよい」では、2015年から19年8月まで沢尻容疑者がCMに出演していたが、9月からは別のCMに切り替わっている。なお、公式サイトなどでウェブ公開した沢尻容疑者出演CMは16日に削除されている。求人情報の検索サイト「Indeed(インディード)」は15日に沢尻容疑者が出演するCMを開始したばかりだったが、YouTubeの公式動画公開を取り下げている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請