【中日】1994年から3年連続首位打者のOBパウエル氏と1、2軍巡回打撃コーチとして契約「とても興奮している」

コーチ契約終了後にガッツポーズを決めるパウエル氏
コーチ契約終了後にガッツポーズを決めるパウエル氏

 中日は18日、OBのアロンゾ・パウエル氏(54)=前ジャイアンツ打撃コーチ=が来季から1、2軍巡回打撃コーチに就任すると発表した。契約期間は1年。来年1月下旬に再来日し、2月のキャンプから指導にあたる。この日、来日しナゴヤ球場を訪れたパウエル氏は「とても光栄。チャンスをいただいて、とても興奮している」と23年ぶりの古巣復帰を歓迎した。

 シーズン中から与田監督の熱心なコーチ就任の打診があり、複数のメジャー球団のオファーを断り中日を選んだ。加藤球団代表は「与田監督の強い要望があった。(パウエル氏も)日本でやりたかったと言っていた。ドラゴンズは今年本塁打が少なかったので、その辺をできるようにやって欲しい」と、長打力向上を求めた。

 パウエル氏は92年から6年間在籍。94年から3年連続で首位打者を獲得するなど、主軸として恐竜打線の一角を担った。巧打だけでなく6年連続で2桁本塁打を放つなど、長打力も兼ね備えていた最強助っ人の一人。チームが待ち望んだ長距離砲の育成に期待が膨らむ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請