【巨人】原監督、メジャー挑戦の山口俊起用法に「四球1つ、2つでカッカしない方がいい」

会見を行う山口俊。左は原監督(カメラ・矢口 亨)
会見を行う山口俊。左は原監督(カメラ・矢口 亨)

 巨人は18日、都内で会見を開き、山口俊投手(32)のポスティング制度(入札制度)によるメジャー移籍を容認したと発表した。

 これまで球団で同制度によるメジャー移籍の例はないが、山口がDeNAから巨人にFA移籍した際の契約条項の一つとして、ポスティングを認めるという契約が入っていたため、今回はそれを履行し、夢を応援することになった、という経緯が説明された。

 原監督は、メジャーで山口にどんな投球を期待するか、という質問に対して「粘り強い投手ですから」と持ち味発揮を期待。その上で「どこのチーム入るか分かりませんけど、球数であったり、あるいはイニングだったり、もう任せる、という気持ちで、デンと使って欲しいなと。そうすれば少々、ヒヤヒヤすることはあっても結果的に1点あるいは2点。このくらいで抑える投手ですから。1つや2つフォアボールを出したからといって、あまりカッカしない方がいい。粘り強く戦う投手であるということは伝えたい」と移籍先となるメジャー球団の監督に向け、特徴と起用法を説いて活躍に期待を寄せた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請