6日間で“3チーム”率いる森保監督「頭の整理はできている」

前日会見を行う森保一監督
前日会見を行う森保一監督

◆国際親善試合 日本代表―ベネズエラ代表(19日、大阪・パナソニックスタジアム吹田)

 日本代表の森保一監督(51)が18日、ベネズエラ戦に向けた前日会見に臨んだ。14日にアジア2次予選・キルギス戦(アウェー)、17日にはU―22日本代表を率いてU―22コロンビア戦(広島)、そして今回はDF吉田ら主力組が抜けたA代表のメンバーでベネズエラ戦を迎える。短期間で3つのチームを率いる状況に、指揮官は「もともと頭の回転は速くないので、いっぱいいっぱいなところはあるかもしれませんが、今回の3つの活動について、3つのチームで活動するととらえています。ですが頭の中の整理は、(選手)選考の段階から、いろいろなことを考えながら、スタッフと話しながらやっているので、整理できていると思います」と話した。

 今回の一戦には、MF古橋(神戸)、DF荒木(広島)、進藤(札幌9、FWオナイウ(大分)ら新戦力も招集。この試合もA代表が基本布陣とする4バックで臨み、ベースはキルギス戦に召集したメンバーとなることを明言した指揮官だが「(新しい)選手たちには、スペシャルな特徴があると思いますし、それぞれ強みを持っている選手たちの集まり。まずは自分のいいところを思い切り発揮してもらえれば」と“新顔組”にも期待を寄せていた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請