マツコ、沢尻エリカ容疑者は「不必要に悪ぶってた時期もある。もっと楽にやればいのになって」

マツコ・デラックス
マツコ・デラックス

 18日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に、月曜コメンテーターとしてコラムニストのマツコ・デラックス(47)と株式トレーダーでタレントの若林史江(42)が出演。合成麻薬MDMAを所持したとして16日に麻薬取締法違反の疑いで逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)についてコメントした。

 若林は、沢尻について「今はみんな女優さんってキレイでとか清楚でとか清純でみたいな、まあ世の中が求めてるんでしょうけど、その中で気骨があるというか、常にケンカを売っているというか、私はその姿勢がとても好きだったんですよね。こういう形で見られなくなってしまうのは残念ですね」と発言した。

 これを受けて、マツコは「気骨ってこの人は言ったけど、そこ意識し過ぎてつらくなったのかなって感じる。張ってる感じっていうのと本来の自分っていうのとの乖離(かいり)っていうのもあったのかな」と私見を述べ、「不必要に悪ぶってやってた時期もあったじゃない? あれで何か混乱してっちゃったのかな。私はもっと楽にやればいいのになって思ってたから」と続けた。

 さらに「つらくなったからって薬でごまかすって、そもそも気骨な人は薬に手を出さないと思うんだ。本当は弱い人だったのかなって」と指摘したが、最後は「今の女優さんの中では珍しいタイプではあったから、もし断ち切って出直せるなら、もう一回復帰してるところを見たい女優さんだなって思うわ」と語っていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請