【日本ハム】2年目右腕・田中瑛が20万円アップで契約更改…来季は「5勝したい」

契約更改した日本ハム・田中瑛斗投手
契約更改した日本ハム・田中瑛斗投手

 日本ハムの田中瑛斗投手(20)が18日、千葉・鎌ケ谷の球団事務所で契約更改交渉に臨み、20万円アップの年俸560万円でサインした。

 プロ2年目の今季は2軍の先発ローテーションを任され、18試合に登板。0勝11敗、防御率5・85と勝ち星はなかったが、チーム2位の84回2/3を投げて経験を積んだ。9月27日のオリックス戦(札幌D)ではプロ初昇格。中継ぎで初登板して2回2安打2失点の内容も、来季の飛躍へ向けて1軍の雰囲気を肌で感じ取った。

 悔しさと手応えを得た1年間を「苦しい1年だった。去年よりも投球機会は増えたが、それ以上に負け数が多くついて、苦しかった」と振り返った一方で、「(1軍登板は)いい経験になったし、大観衆の中で投げられたというのは来季につながる」と収穫についても語った。

 今秋には、米アリゾナで行われた秋季キャンプにも参加し、米シアトルのトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」の講義も受講。次世代のエース候補と期待される右腕は、来季へ向けて「まずは1勝とは思っているんですけど、1軍で5勝したいと契約の時にも言わせてもらいました。必ず5勝はしたい」と力を込めた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請