白樺学園、高崎健康福祉大高崎に敗れ初出場での決勝進出逃す 業天主将「1球への執念は相手が上」

8回2死満塁、白樺学園・片山は空振り三振に倒れる
8回2死満塁、白樺学園・片山は空振り三振に倒れる

◆第50回記念明治神宮野球大会 第4日 ▽高校の部準決勝 高崎健康福祉大高崎3―2白樺学園(18日・神宮)

 北海道地区代表の白樺学園は、高崎健康福祉大高崎(群馬、関東地区代表)との初出場対決に惜敗し、決勝進出はならなかった。

 エース右腕・片山楽生(らいく、2年)に代わって、背番号10の右腕、坂本武紗士(2年)が先発。3回まで被安打1の好投を見せていたが、4回2死二塁から相手の5番・木川玲(2年)に甘く入ったインハイの直球をとらえられ、右越え2ランを献上。0―2で折り返した6回に、「流れを変える存在」となるべく、片山がマウンドへ。3者凡退に抑え、一度は相手の勢いを止めた。直後に3番・宮浦柚基二塁手(2年)が公式戦初アーチ。1点差に詰め寄ると、2死満塁から相手失策の間に同点に追いつき、試合を振り出しに戻した。

 だが、反撃もここまで。7回に勝ち越しの1点を許し、そのまま試合終了。完投した相手左腕・下慎之介(2年)の前に15残塁と、あと1本が出なかった。8回には2死満塁と一打逆転のチャンスを作ったが、4番・片山が空振り三振。昨年の札幌大谷に続く、初出場初優勝への挑戦は幕を閉じた。

 健大高崎は“機動破壊”の合言葉を全国的にも浸透させた走力が持ち味。今夏の練習試合(釧路市民球場)では7―0で快勝していたが、公式戦で悔しい惜敗を喫した。満塁のチャンスで2度凡退の主将・業天汰成捕手(2年)は「チームを助けられなくて申し訳ない。決勝点もワンバウンド気味のボールを適時打されたように、相手のほうが1球への執念が上だった。この負けを生かし、チームとして攻守両面で気持ちの部分から鍛えたい」と、出場が有力視される来春のセンバツ甲子園へ視線を向けた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請