【U22】森保監督、課題の一敗「もっとメンタルを強く」

後半、選手の動きを厳しい表情で見つめる森保監督
後半、選手の動きを厳しい表情で見つめる森保監督

◆国際親善試合 U―22日本0―2U―22コロンビア(17日・エディオンスタジアム広島)

 サッカーU―22日本代表は国内初陣となった親善試合でU―22コロンビアに0―2で完敗した。A代表の活動を回避して招集されたMF堂安律(21)=PSV=、MF久保建英(18)=マジョルカ=がダブル先発も攻撃陣が機能せず無得点。後半に2失点を喫し、完封負けした。A代表の経験から堂安は戦う姿勢の欠如、久保は危機感を強調。東京五輪での金メダル獲得に向けた道のりは、どん底からのスタートとなった。

 最も大事な戦う部分が欠けていた。国内初陣となったU―22コロンビア戦で0―2の完敗。森保一監督(51)は「勝たなければいけないと逆に重圧になったのか、硬い入りをしてしまった。ラグビーW杯でも日本代表の経験あるみなさんが、勝たなきゃいけない重圧の中で戦っていたが五輪も同じ。もっとメンタルを強く、アグレッシブに戦わなきゃいけない」と語気を強めた。

 後半2分に先制点を奪われた場面。DF立田と相手FWが競り合ってこぼれたボールに、日本の方が人数が多かったにもかかわらず、いち早く反応したFWサンドバルに決められた。指揮官が最も重視する球際の競り合いで負ける場面も多かった。DF板倉は「A代表は練習からもっと緊張感がある。普段からもっと言い合わないといけない」と厳しい表情で話した。

 それでもチームの目標は変わらない。試合後の控室では声を荒らげた。「ミーティングで『敗戦は悔しいけど、金メダルを獲得するために力をつけていく』と選手たちと共有した」と指揮官。ここから再スタートを切る。(井上 信太郎)

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請