服部勇馬、MGC後初レースで区間賞

服部勇馬
服部勇馬

 東京五輪マラソン代表選考会(MGC、9月15日)で2位に入り、代表に内定した服部勇馬(26)=トヨタ自動車=が17日、MGC後の初レースとして愛知・田原市発着の中部・北陸実業団駅伝7区(11・8キロ)に出場。34分39秒で区間賞を獲得し、優勝のゴールテープを切った。

 今大会が今年最後のレースで20年初戦はニューイヤー(全日本実業団)駅伝(1月1日)。その後、都道府県対抗駅伝(同19日)に新潟の「ふるさと選手」として出場。丸亀国際ハーフマラソン(2月2日)では「自己ベスト記録(1時間1分40秒)を狙いたい」。マラソン出場の予定はなく、高速化が予想される札幌開催の五輪マラソンに向けてスピードを磨いていく。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請