【ロッテ】ドラ3高部、中日・周平&日本ハム・渡辺諒と東海大甲府旋風

ロッテと契約合意した高部(中)は父・孝司さん(左)、母・忍さんと笑顔を見せた
ロッテと契約合意した高部(中)は父・孝司さん(左)、母・忍さんと笑顔を見せた

 東海大甲府OBで、ロッテのドラフト3位・高部瑛斗外野手(21)=国士舘大=が、活躍中の先輩たちに続く。12日に東京・パレスホテル立川で契約金6000万円、年俸1000万円(金額はいずれも推定)で契約合意。東海大甲府出身の中日・高橋周平内野手(25)、日本ハム・渡辺諒内野手(24)に「認めてもらえるように、やっていかないと」と意気込んだ。

 高部は東都大学リーグ2部最多記録の通算129安打を放ち、50メートル5秒8の俊足で、走攻守3拍子そろった逸材。「1軍の舞台に立って、充実した1年目にしたい」と即戦力として貢献するつもりだ。「首位打者、最多安打、盗塁王を目指したい」と目標は大きい。

 高校からドラフト1位でプロの世界へ羽ばたいた先輩たちの活躍が励みになっている。同じ左打者の高橋は今季、中日の主将を務め、5月に猛打賞8度で月間MVPを獲得し、球宴にも出場。高部の2学年上の渡辺もプロ6年目の今季、自己最多の132試合に出場、11本塁打を放つなど飛躍した。「渡辺諒さんは(高校で)一緒にやらせてもらい、こういう人がプロに行くんだなと知って、遠い存在でしたが、これからは同じ舞台でできる」。来季は3人で、球界に東海大甲府旋風を巻き起こす。(竜)

 ◆高部 瑛斗(たかべ・あきと)1997年12月11日、神奈川・寒川町生まれ。21歳。埼玉・鶴ヶ島エンゼルスで野球を始め、毛呂山中では越生ボーイズでプレー。東海大甲府高3年夏の甲子園に中堅手で出場。国士舘大では1年春からベンチ入り。今春、東都リーグ2部の最多安打記録を更新した。178センチ、72キロ。右投左打。血液型A。家族は両親と兄。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請