山学大・渡辺が学生連合入り チームの分まで記録会で自己新

チームメートと練習に励む渡辺(左から2人目)
チームメートと練習に励む渡辺(左から2人目)

 第96回箱根駅伝(来年1月2~3日)にオープン参加する関東学生連合16人に、山梨学院大の渡辺晶紀(あき、2年)が選ばれた。山梨学院大は、先月26日の予選会で本戦連続出場が33回で途切れたが、チーム日本人トップの渡辺が選抜された。本戦出場10人の選考資料となる1万メートル記録挑戦会(23日、神奈川・慶大日吉陸上競技場)で自己新を狙う。

 渡辺は「自分が箱根を走れば、山梨学院大のユニホームが箱根駅伝を走ったことになる。そこは何としてもつなげたい」と闘志。関東学生連合が関東学連選抜として始まった2003年以降、山梨学院大は本戦に連続出場していたため、渡辺は同校から初の選出。プルシアンブルーのタスキは途切れたが、ユニホームだけは正月の大舞台でアピールする。

 初の公式戦となった予選会で、暑さの影響もあって主力の上級生たちが振るわない中、淡々とペースを刻んだ。持ち味は「安定感」と胸を張る。しかし連合メンバーの予選会タイムで渡辺は16人中11番目。本戦は10区までで、23日の1万メートル記録挑戦会では上位選手以上の成績が求められる。自己記録は30分52秒70だが「29分40秒は切りたい」と目標を掲げ、400メートル×4本4セットなどの練習で強化して臨む。(竜)

 ◆渡辺 晶紀(わたなべ・あき)1999年9月30日、静岡・富士市生まれ。20歳。大淵第一小3年から富士陸上で競技を始め、大淵中ではサッカー部と掛け持ち。藤枝明誠高を経て、山梨学院大に進学。5000メートルの持ちタイムは14分27秒86。169センチ、53キロ。家族は両親と姉。趣味は音楽鑑賞で“勝負曲”はアヴィーチーのThe Nights。「予選会の時も聴きました」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請