馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神 中京

【マイルCS 池添謙一騎手独占手記】急な代打もインディチャンプで単独最多4勝!「最後の1ハロンで勝負をかけました。一瞬で反応してくれた」

インディチャンプを春秋マイルG1制覇に導き、大役を果たした池添(馬上)
インディチャンプを春秋マイルG1制覇に導き、大役を果たした池添(馬上)

◆第36回マイルCS・G1(11月17日、京都競馬場・芝1600メートル、良)

 第36回マイルCS・G1は17日、京都競馬場で行われ、今春の安田記念覇者で3番人気のインディチャンプが直線で抜け出し、1馬身半差の快勝。史上7頭目の同一年の春秋マイルG1制覇を飾った。福永祐一騎手の騎乗停止による乗り替わりで大役を果たした池添謙一騎手(40)=栗東・フリー=は、同じく代打だった11年エイシンアポロン以来の単独最多4勝目。今年の“ラストチャンス”と位置づけて挑んだ思いを独占手記で語った。

 インディチャンプでマイルCSを勝つことができました! レースが終わってしばらく時間がたち、ホッとした気持ちと、うれしさが徐々にこみ上げています。

 とにかく強かったです。今回は、ほかのメンバーというより「京都外回り1600メートル」を意識した乗り方をしようと考えていました。不安定なところがあると聞いていたゲートも我慢してくれ、五分に決めてくれました。ポジションを取りに行った後も折り合いはスムーズ。ちょうど左前にいたダノンプレミアムを見ながら進めました。

 直線に向いての手応えも抜群。ダノンプレミアムが追い出した時も待つ余裕がありました。ソラを使わないように仕掛けのタイミングだけ気をつけて、最後の1ハロンで勝負をかけました。一瞬で反応してくれた後も、最後まで気を抜くことなく集中して走り切ってくれました。同一年の春秋マイルG1制覇は史上7頭目。堂々と胸を張って、真のチャンピオンといえるでしょう。

 急きょの乗り替わりでしたが、自分が指名された意味と責任の大きさは分かっていました。今年はG1だけでなく、重賞でもなかなか結果を出せておらず“ラストチャンス”くらいの位置付けで臨んでいました。春にはブラストワンピースとコンビを組んだ大阪杯で結果を残せず、悔しい思いもしました。馬は違いますが、同じ馬主のインディチャンプを勝利に導けて本当に良かった。チャンスをくださったオーナー、音無先生、絶好の状態に仕上げてくれた厩舎スタッフの皆さん、そして癖や特徴をアドバイスしてくださった福永先輩には感謝しかありません。

 短期免許でプレーする外国人騎手が目立つシーズン。そのなかで存在感を示すことができたのも、良かったと思います。秋のG1シリーズは続きます。またいい報告ができるように頑張り続けます。これからも応援のほど、よろしくお願いします。(JRA騎手)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請