川井梨紗子は11―0で圧勝 日本女子のW杯5連覇に「ほっとした」

川井梨紗子
川井梨紗子

◆レスリング女子 国別対抗戦・W杯 最終日(17日、千葉・成田市中台運動公園体育館)

 日本は決勝で米国を7―3で下し、5大会連続11度目の優勝を果たした。各チーム10階級で対戦する団体戦で、50キロ級昨年世界女王の須崎優衣(20)=早大=は連日の勝利をおさめ、東京五輪代表選考会を兼ねた12月の全日本選手権(19~22日、東京・駒沢体育館)に弾みをつけた。すでに代表を決めている57キロ級の川井梨紗子(24)=ジャパンビバレッジ=、62キロ級の川井友香子(22)=至学館大=も白星で貢献した。

 主将の川井梨は11―0のテクニカルフォールでキャンベルを退けた。「ほっとした。昨日は手堅く行き過ぎたので、今日は思い切り行こうと思っていた」と手応えを口にした。試合後に笹山監督が、年末に男女フリーとグレコローマンの3スタイル合同年越し合宿を都内で行うことを明かした。「五輪の時だけなので、五輪が近づいているという感じがして気合いが入る」。日本のエースは2大会連続の金メダルがかかる東京五輪イヤーの幕開けを、楽しみにしていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請