清原和博氏 大魔神・佐々木氏との「夢の対決」制す 佐々木氏「楽しそうでうれしい」

高校時代からの知り合いである大魔神・佐々木からヒットを放った清原氏
高校時代からの知り合いである大魔神・佐々木からヒットを放った清原氏

 元プロ野球選手の清原和博氏(52)が17日、沖縄県浦添市の「ANA BALL PARK浦添」で、FM沖縄開局35周年記念のドリームマッチに参加した。3年前に覚醒剤取締法違反で逮捕されてから、初のユニホーム姿を披露。地元の少年選抜チームとの試合には、元マリナーズの大魔神・佐々木主浩氏がサプライズ登板。清原氏が中前適時打を放ち、会場を盛り上げた。

 ドリームマッチの名にふさわしい、名勝負が沖縄で再現された。清原氏やPL学園時代の後輩・立浪和義氏や元中日の岩瀬仁紀氏らで構成する「ドリームチーム」が1点リードで迎えた5回。元横浜監督の権藤博監督が動いた。

 2死二塁で4番・清原を迎えた場面で、相手チームの投手交代を権藤監督が告げる「演出」にファンは大喜び。横浜やマリナーズで活躍した大魔神・佐々木氏がマウンドに上がり、清原氏と対戦。9球目を清原氏がうまくすくって、中前へ運び、得点につなげた。

 西武時代をほうふつとさせる青いユニホームでプレーした清原氏は試合後、「ライオンズ時代を思い出した。素晴らしい体験を今後の人生に生かしたい。本当にありがたい」と感謝の言葉を述べた。佐々木氏は「打たせてやりましたよ。前向きに取り組んでいるようでうれしい」と久々の再会を喜んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請