明徳義塾・馬淵監督、中京大中京の高橋宏を絶賛「直球は松坂よりいい」

◆第50回記念明治神宮野球大会第3日 ▽高校の部2回戦 中京大中京8―0明徳義塾=7回コールド=(17日・神宮)

 明徳義塾(四国・高知)が中京大中京(東海・愛知)に7回コールド負けした。6失策と守備が乱れ、来秋ドラフト候補の高橋宏斗(2年)に4安打無失点10三振を喫した。馬淵史郎監督(63)は、1998夏の甲子園準決勝で対戦した前中日の松坂大輔投手を引き合いに出し「直球は松坂よりいい。体が開かないから、右打者が遠く感じる。どこまで伸びるか楽しみ」と、リップサービスを交えて絶賛した。

 完敗した悔しさをにじませながら「いいで~。この1年間、いろんな投手と対戦したけど、NO1。球が低いのと、球に威力もある。もうちょっと変化球を少なくして直球を投げたら、もっといい投手に見える。たまに投げるチェンジアップも効果的だけど、直球の球筋がいい。スピードガン以上に威力があった」と、脱帽していた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請