【ロッテ】伊志嶺、引退セレモニーで語った一番の思い出は「応援歌のお披露目会」

ファン感謝祭で引退のあいさつを行ったロッテ・伊志嶺は鈴木から花束を受け取る
ファン感謝祭で引退のあいさつを行ったロッテ・伊志嶺は鈴木から花束を受け取る

 今季限りで現役を引退したロッテ・伊志嶺翔大外野手(31、現一軍走塁コーチ兼打撃コーチ補佐兼外野守備コーチ補佐)の引退セレモニーが17日、ファン感謝デー(スーパーマリンフェスタ)で行われた。

 〈伊志嶺スピーチ全文〉

 「千葉ロッテで9年間、いろんな思い出がたくさんありました。初ヒット、マリンスタジアムでした。初ホームランもマリンスタジアムでした。また、その日に初めてお立ち台にも上がりました。鮮明に覚えているのが、私の応援歌が皆様の前でお披露目になる会が、試合終了後、球場正面でありました。それに来ていただいて、ファンの皆様と一緒に初めて自分の応援歌を聴くことができました。その時に、本当にチームの一員になれたんだと強く実感し、とても感激した思い出を鮮明に覚えています。その応援歌が自分は一番好きでした。応援団の皆様、大好きな応援歌を作っていただき、ありがとうございました。今季で現役を引退することになりましたが、次は新しい道、コーチという道でロッテの一員として頑張っていきたいと思います。選手を最大限にサポートできるように日々、勉強して、ファンの皆様と一緒に選手を最大限にサポートしていきたいと思っています。ファンの皆様、来年もこれまでと同様、選手が勇気を持ってプレーできるよう、熱い声援をお願いします。一緒に選手をサポートして、優勝、日本一をともに勝ち取っていきましょう。本日は本当に、本当にありがとうございました」

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請