「アドマイヤ」の名物馬主、近藤利一氏が死去 77歳

近藤利一氏
近藤利一氏

 「アドマイヤ」の冠名で知られる近藤利一氏が17日朝、大阪市内の病院で亡くなっていたことが分かった。77歳だった。近藤さんは今年7月9日のセレクトセール終了後には抗がん剤治療が終了したことを報告していたが、関係者によると、その後に転移が見つかり、闘病中だった。

 同オーナーは1984年に中央競馬の馬主資格を獲得。96年の平安S(アドマイヤボサツ)で重賞初制覇を果たすと、98年の朝日杯3歳S(アドマイヤコジーン、当時)でG1初制覇。翌99年の日本ダービーをアドマイヤベガで制した。07年にはドバイ・デューティフリーのアドマイヤムーンで海外G1を初制覇。現在も昨年の朝日杯FS、今年のNHKマイルCとG1・2勝を挙げるアドマイヤマーズなど多くの現役馬を所有している。

 また、一昨年のセレクトセールでは「イルーシヴウェーヴの17」を国内セール史上2位の5億8000万円で落札するなど常に話題をふりまく名物オーナーでもあった。

競馬

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請