松本人志、「ワイドナ」で「笑ってはいけない」で骨折した佐野史郎に謝罪…「本当に佐野さんに対して申し訳ないとしか言いようがないんです」

松本人志
松本人志

 「ダウンタウン」の松本人志(56)が17日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演し、今年の大みそかに放送予定の日本テレビ系「ガキの使いやあらへんで!年末スペシャル(仮)」の収録中に、俳優・佐野史郎(64)が腰の骨を折る全治2か月のけがを負ったことで佐野に謝罪した。

 日本テレビによると、佐野は6日午後8時頃、茨城県内で行われたロケに参加。ドラム缶の上部を覆う板の上にあぐらをかき、缶の中で液体窒素を入れたペットボトルが破裂する力で、空中に数センチ浮いた状態でラーメンをすするという企画に挑戦した。

 しかし撮影直後に腰の痛みを訴え、病院で診察を受けたところ、第三腰椎骨折と診断された。現在入院中だが、手術の必要はなく、2週間の安静の後にリハビリを開始する予定。芸能活動については医師の指導を受けながら、徐々に復帰していくとしている。

 今回の事故を受け、佐野は同局を通じコメントを寄せた。「安静にということで、入院中ではございますが、当面のお仕事に対しましては順次対応させていただきたいと存じます。なお、番組放送に関しましては、私の負傷で笑えない状況にならないよう放送されることを、心より願っております。人間万事塞翁が馬。今回のことを糧に、より精進して参ります」と番組コンセプトの「笑ってはいけない」に掛けた表現で和ませた。

 今回の問題に松本は「これは本当に佐野さんに対して申し訳ないとしか言いようがないんです。そこへもってきてすごく大人の対応をしていただいたなと思って、スタッフも反省と感謝しかないんでしょうけど」と謝罪した。その上で「僕としてはもうちょっと佐野さんにごねていただいて番組がどうなるか分からないようになってもいいのかな」と笑わせた。

 さらに「笑ってはいけない」について「我々レギュラー5人も当日、何をやらされるかまったく知らされていないので。でもこういうことがあったときに我々知らなかったっていうと、ハイ松本逃げたみたいに言われちゃうんですけど、でもねぇ難しいとこなんですけど、とにかく我々としては佐野さんが1日でも早く元気になってもらいたいということと」と明かし「まぁ、浜田が悪いでいいんじゃないでしょうか。むちゃくちゃでしょ、アイツの裏でやったことは」と再び笑わせていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請