【侍ジャパン】日韓戦“第1R”でスタメン復帰の菊池涼が先制打!

2回2死二塁、菊池涼が左前に先制適時打を放つ
2回2死二塁、菊池涼が左前に先制適時打を放つ

◆プレミア12 スーパーラウンド 日本―韓国(16日・東京ドーム)

 日本が決勝前哨戦で先制した。2回2死から先発マスクをかぶった8番・会沢(広島)が左翼線二塁打。続く菊池涼(広島)が左前適時打を放った。

 菊池涼は12日の米国戦(東京ドーム)の試合中に首の違和感で途中交代。13日のメキシコ戦は欠場していた。この日の試合前まで打率3割1分6厘。鈴木(広島)、浅村(楽天)らとともに打線を牽引していただけに、17日の決勝へ向けて稲葉監督を安堵(あんど)させる一打となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請