【広島】恒例の湯布院リハビリキャンプスタート 床田は39度の湯に「のぼせる」

大分・湯布院温泉でリハビリキャンプを開始した(前列左から)大瀬良、野村、九里、松山、菊池保、(後列左から)石原、床田、中村恭、西川、田中広
大分・湯布院温泉でリハビリキャンプを開始した(前列左から)大瀬良、野村、九里、松山、菊池保、(後列左から)石原、床田、中村恭、西川、田中広

 広島の主力組がシーズンの疲れを癒やす大分・湯布院温泉でのリハビリキャンプが16日、スタート。九里、大瀬良、野村、床田、菊池保、中村恭、石原、田中広、西川、長野、松山の11選手が参加し、極楽気分で露天風呂につかった。

 初参加は床田、菊池保、中村恭、西川の4人。菊池保は公称80キロながら実際は3ケタに届くか届かないかの“わがままボディー”を披露して「写っちゃいけないものが写っちゃうよ」とイジられていた。西川は明らかに体脂肪の少なそうなピキピキボディーを縮こまらせて「寒~い」と震えていたが、湯に浸ればダブルピースを見せる極楽ぶりだった。

 床田は「温泉はのぼせるので…。きょうのお湯も熱かったぐらい」と39度の湯にも耐えられなかった様子。さらに「においが強かったり、ぬるぬるする温泉が苦手」と、温泉マニアに「そうじゃないだろ」と説教されそうな奔放な発言で報道陣を笑わせた。そして「ゴルフもヘタクソですし、何でここに来たんですかね。あ、でも練習するよりはいいか!」と、野球から離れられることこそが“極楽”と言いたげだった!?

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請