今井悠貴、ドラマ初主演で80年代の高校生に 来年1月期テレビ大阪・BSテレ東「ハイポジ―」

「レベッカの『フレンズ』がお気に入り」という今井悠貴
「レベッカの『フレンズ』がお気に入り」という今井悠貴
原作漫画「ハイポジ」(C)きらたかし/双葉社
原作漫画「ハイポジ」(C)きらたかし/双葉社

 俳優の今井悠貴(20)が来年1月期のテレビ大阪・BSテレ東の連続ドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」(1月11日スタート、テレビ大阪は土曜・深夜0時56分、BSテレ東は土曜・深夜0時)でドラマ初主演することが15日、分かった。

 原作は、きらたかし氏の漫画「ハイポジ」で、46歳の主人公が1986年にタイムスリップして2度目の青春時代を送る物語。今井は外見は16歳の高校生だが、46歳の心を持った主人公を演じる。劇中には「翼の折れたエンジェル」(中村あゆみ)や「十七歳の地図」(尾崎豊)が流れ、ラジカセが登場するなど80年代カルチャーが盛りだくさんだ。

 幼い頃から天才子役と呼ばれ、キャリアは15年以上。ドラマ初主演には「責任を感じます」と言いながらも、この日から柳憂怜(56)、黒崎レイナ(20)らと撮影に参加して「団結していい作品を作り上げたい」と意欲的だ。ドラマを楽しみにしているファンへ「当時を知っている世代には懐かしい、知らない世代には新鮮で楽しめる作品です。『いま頑張れば、未来を変えられる』というメッセージを伝えたい」と話している。

 ◆今井 悠貴(いまい・ゆうき)1998年12月30日、島根県生まれ。20歳。3歳で俳優デビューし映画「白夜行」(2011年)などに出演。近年では18年にNHK大河ドラマ「西郷どん」で西郷隆盛の息子・菊次郎役を演じて注目され、19年はドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(日本テレビ)に出演。身長172センチ。血液型A。

「レベッカの『フレンズ』がお気に入り」という今井悠貴
原作漫画「ハイポジ」(C)きらたかし/双葉社
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請