松井ら日本人メジャーリーガーの“カリスマ通訳”、性別適合手術を受け女性として活躍

「爆報!THE フライデー」でMCを務める爆笑問題
「爆報!THE フライデー」でMCを務める爆笑問題

 松井秀喜や伊良部秀輝ら日本人メジャーリーガーの“カリスマ通訳”として知られた石島浩太氏(57)が15日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)に出演し、現在の生活ぶりを明かした。

 石島氏は1997年にヤンキースの一員となり、松井らの通訳を担当。選手を支える“カリスマ通訳”として知られるようになった。当時は年収2000万円以上。米国人女性と結婚し、3人の子供にも恵まれた。しかし実はLGBT(性的少数者)で、心は女性。このことをずっと隠して生きてきた。

 結婚から10年後に「女性として生きよう」と決意。41歳からホルモン治療を始めた。胸が徐々に膨らんでいくなど、体形も女性のように変化。その異変に妻が気づいたため「実は女性なんだ」と告白した。妻はショックを受け「ずっとだましてた。すべてがウソだった」と取り乱し、2005年、石島氏が43歳のときに離婚。家族も去って行った。帰国後、46歳のときにタイで性別適合手術を受け、精巣を切除して声も変えた。通訳は辞め、無収入となり、東京の実家とも一時絶縁。現在はアートディレクターの仕事をしながらホルモン治療を受け続けている。

 番組内では、石島氏と公私ともに交流があり、メジャーリーグのメッツなどで活躍した吉井理人・ロッテ1軍投手コーチ(54)と再会。「コウタさんはクラブハウスの世話係みたいな人だった。ありがたく思っている」と話す吉井コーチに、石島氏は今の自分のことを「認めてくれた」と喜んでいた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請