中百舌鳥、投打かみ合って決勝進出…第19回奈良万葉大会

中百舌鳥の先発・深田は5回を2安打2失点と力投
中百舌鳥の先発・深田は5回を2安打2失点と力投

◆第19回 奈良万葉大会 ◇中学生の部▽準決勝 中百舌鳥ボーイズ3―2藤井寺ボーイズ(9、10日・奈良葛城ボーイズ専用グラウンドほか)

 「第19回奈良万葉大会」は10日、中学生の部で準決勝が行われ、中百舌鳥ボーイズ(大阪阪南支部)は藤井寺ボーイズ(大阪中央支部)との接戦を制し、決勝へ駒を進めた。

 決勝へ導いたのは中百舌鳥自慢の投手陣だ。先発・深田は5回を2安打2失点。「直球が良かった。自分の投球をしようと思った」と粘りの投球を披露。6回からマウンドに上がった前川は、一人の走者も許さない完璧な投球で試合を締めた。

 投手の力投に打線も応えた。1点を追う初回には、1死二塁から市原が「先頭の堀井が出てくれたので、絶対かえそうと気持ちが入った」と右翼線へ適時二塁打。3回1死満塁では、多賀が「力を抜き、走者を進める気持ちで打った」と右前へ勝ち越し打を放った。

 続く藤本も「みんながつないでくれ、投手も頑張っていたので打ちたかった」と左翼へ犠飛。大きな2点をもぎ取った。理想的な試合運びで接戦を制した山口寛主将は「決勝も全員野球で点を取り、投手を助け優勝を目指す」と誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請