【新台紹介】P鳳凰∞(マルホン)

 クルーン突破の興奮と大量出玉で、オールドファンを涙させた一発台「CR天龍∞」(2018年発表)に続く「∞(インフィニティ)」シリーズ第2弾。とはいえ、一撃性を誇る「天龍」とは違い、こちらは高継続率でコツコツ出玉を伸ばす1種2種混合機だ。

 盤面に三角の形でセグがあるように、まずはヘソ入賞で312.5分の1の抽選を突破する。数字の3つぞろい「鳳凰ボーナス」(2R=払い出し約300発)獲得か、「J」ぞろいの「ジャッジメントボーナス」(2R)の成功で、連チャンゾーンの「∞ゲーム」に入る。突入率は計80%。

 「∞ゲーム」は右打ちで、30秒ほどの高速で大当たりが確定。9R(約1350発)か2Rのボーナスが80%でループする。ラウンド振り分けは50%ずつだ。

 大当たりの残る20%が「天龍」のドキドキ感を継承した「転生クルーンチャレンジ」。確率約3分の1でクルーンをクリアすれば、9R当たりで「∞ゲーム」に復活。失敗なら出玉なしで通常へ。「転生―」での不死鳥のようなガチ引き戻しを含めると、右打ち時のトータル継続率は86%。9Rの偏れば、かなりの速さでドル箱が積めそうだ。18日導入予定。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請