タイ代表・西野監督 W杯予選初黒星も「しっかりリフレッシュして次へ」…19日のベトナム戦へ闘志

西野監督
西野監督

 2022年カタールW杯アジア2次予選が14日、各地で行われた。G組では西野朗・前日本代表監督が率いるFIFAランク109位のタイが、敵地で同158位のマレーシアに1―2で逆転負けした。初のW杯出場を狙うタイは2次予選初黒星で、同組1位のベトナムと勝ち点3差の同7位(2勝1敗1分け)で折り返した。

 タイは札幌所属のMFチャナティップが先制したが、その後2点をたたき込まれた。西野監督は試合後のインタビュー「追加点を取る圧力をもう少しかけられれば良かった。プレッシャーを感じていたかもしれない」と試合を振り返った。

 昨年のロシアW杯で、大会2か月前の就任ながら日本代表を16強に導いた名将は、今年7月に指揮官となったばかりのタイで10月には強豪UAEを破るなど手腕を発揮している。西野タイは19日に敵地で首位ベトナムと対戦。西野監督は「しっかりリフレッシュして次へ臨むだけ。心と体の充実を図りたい」と前を向いた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請