【ロッテ】二木、「規定投球回&防御率2点台」達成へ…今オフは涌井&益田塾に入門

ロッテ・二木は鴨川キャンプ打ち上げで手締めを行う(カメラ・長井 毅)
ロッテ・二木は鴨川キャンプ打ち上げで手締めを行う(カメラ・長井 毅)

 ロッテ・二木康太投手(24)が15日、今オフに千葉県内で行う涌井、益田との合同自主トレに参加することを明かした。「涌井さんに誘っていただいて、何か自分の中で大きく変えたいと思っていたので」と説明。10月下旬に都内で先輩2人と食事をしている際に話題が上がり、即決したという。

 今季は4月初旬に先発ローテに定着。22試合で128回2/3を投げて7勝10敗、防御率4・41の成績を残したが、目標としていた規定投球回(143)はクリアできなかった。

 千葉・鴨川での秋季キャンプでは「体力強化」をテーマに掲げて汗を流した。「何かを大きく変えたいと思っていた」。強い気持ちでランニング量を例年よりも増やし「自分に妥協することなくできた」と充実感を漂わせた。

 キャンプの打ち上げでは、マウンド上でのあいさつと手締めを井口監督から任された。「もう一皮むけてほしい」との思いが詰まった指揮官の期待の表れだったようだ。

 来季は今年達成できなかった「規定投球回」と「防御率2点台」を目標に設定した。“練習の虫”として知られるエースと守護神に刺激を受けながら、レベルアップに励む。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請