石川遼は10オーバーの77位 正岡竜二が6アンダーの単独首位

2番ティーショットを放つ石川遼
2番ティーショットを放つ石川遼

◇男子プロゴルフツアー 三井住友VISA太平洋マスターズ 第2日(15日、静岡・太平洋C御殿場C=7262ヤード、パー70)

 秋晴れの中、初優勝を目指す正岡竜二が、通算6アンダーの単独首位に浮上している。09年全米プロ覇者のY・E・ヤン(韓国)、17年の賞金王・宮里優作は1打差の2位。

 地元の御殿場観光親善大使・宮本勝昌、時松隆光は4アンダーの4位で続く。永久シード保持者の片山晋呉、07年大会覇者のB・ジョーンズ(豪州)、S・ノリス(南アフリカ)、朴相賢(韓国)が3アンダーの6位で追う。

 アマチュア世界ランク1位の金谷拓実(東北福祉大3年)は2アンダーの10位。16年賞金王の池田勇太は1アンダーの13位。2週連続優勝を狙う崔虎星(韓国)は3オーバーの41位。昨年大会覇者の額賀辰徳は5オーバーの62位。賞金ランク1位の今平周吾は6オーバーの67位。10年&12年大会王者の石川遼選手会長は、10オーバーの77位となっている。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請