三浦りさ子、次男が椎間板ヘルニアで手術 運動禁止の絶対安静に「不安しかないです」

スポーツ報知
三浦知良、りさ子夫妻

 サッカー元日本代表FW三浦知良(52)=横浜C=の妻で、タレントの三浦りさ子(51)が15日、自身のブログを更新し、次男・孝太さん(17)が椎間板ヘルニアの手術を受けたことを報告した。

 りさ子は「次男手術」のタイトルで記事をアップし、「今週は次男が椎間板ヘルニアの手術で病院に行ったり来たりでバタバタ」と告白。次男は今年の4月頃から腰痛で通院し、椎間板ヘルニアと診断。痛み止めを飲んでいたが、腰の痺れが取れなかったそうで「サッカーは5月くらいからまともに出来ることがなかったので、病院の先生とも相談して手術することに」と明かした。

 「でも子供の回復力は凄くてびっくり」と、りさ子。「手術当日は全く動けず寝たきりで お小水や便も管で繋がれていて 看護師さんの助けが必要だったり、喉が渇いたら飲ませてあげたりと目が離せない状態でした」としたが、「3日目はもう点滴も取れ歩行器も取れかなり楽そう」と回復。「痺れが取れた分急激に体が楽になり、すぐ動きたくなると思うけれど2、3ヶ月は絶対安静!運動はダメ!!と念入りに注意されてました」とつづった。

 「神経に当たっていた骨を削ってるから痛みはなくなるけれど そこはまだ固定されるのに2、3ヶ月かかるから ここは将来のためにも我慢が大事!と。みな大体ここで油断して再発する人が多いので本当に気をつけて!!と言われ私は不安しかないです」と心配な気持ちも吐露。

 「エネルギーあふれる次男が身体が動くようになっても我慢できるのか…椎間板ヘルニアの手術された方いますか? うちの子みたいにエネルギー有り余っていて、身体動かしたくて仕方ない方はどうやって過ごしていたんでしょうか?」と問いかけていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請