【巨人】元木ヘッド、“鬼指令”サインミスで石井コーチも選手と罰走

サインミスで罰走となった高山(右)と石井コーチ
サインミスで罰走となった高山(右)と石井コーチ

 巨人の元木大介ヘッドコーチ(47)が、14日のソフトバンクとの練習試合(サンマリン宮崎)で参謀デビューした。

 最初に動いたのは、4点を追う4回1死一塁だった。1ボール1ストライクから山本にエンドランのサイン。内角高めの難しい球をなんとかバットに当て、一ゴロで走者を進めた。ただ、中盤で大量リードを許す展開となったため、この後は“クセ者ぶり”を発揮するチャンスは少なく「もっと動いて、バント、セーフティーバントも考えていたけど、実戦だし、相手もいるからそんなに甘くない」と悔しがった。

 とはいえ、初陣から得るものはたくさんあったようだ。大城が左腕・笠谷に追い込まれてから右前に打ち返したことや、9回に増田大が左中間への長打で三塁を狙ってアウトになったことなどを例に挙げ「いいものは伸ばしていけば。悪いものは練習するしかない。いい練習試合だった」と振り返った。

 試合後、ミーティングの最後には「サインミスしたやつは手を挙げろ」と求め、捕手の高山、三塁ベースコーチを務めた石井野手総合コーチが挙手。石井コーチの申し出には困惑しながらも、元木ヘッドは罰走を命じた。「ミスは出るけど、そういうのをなくさないとチームは動いていかない」。来春に向け、新参謀がどうチームを鍛え直すか注目だ。(尾形 圭亮)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請