【日本ハム】ドラ7片岡奨人、対面の清宮に圧倒「テレビで見てる人だ」

日本ハムとの仮契約終了後、色紙に「挑戦」と書き込み、決意を新たにした東日本国際大・片岡(カメラ・遠藤 洋之)
日本ハムとの仮契約終了後、色紙に「挑戦」と書き込み、決意を新たにした東日本国際大・片岡(カメラ・遠藤 洋之)

 プロ野球・ドラフト会議で日本ハムから7位指名を受けた札幌市出身の片岡奨人外野手(21)=東日本国際大=が14日、福島・いわき市の同大学で球団と契約金2000万円、年俸700万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。契約に先立ち、千葉・鎌ケ谷市の球団施設を見学したという片岡は清宮幸太郎内野手(20)らともあいさつを交わし「一日も早く1軍でプレー出来るように努力していきたい」と決意を新たにした。

 仮契約を済ませた片岡の表情は引き締まっていた。北海道で生まれ育ち、幼い頃から憧れていた日本ハムでプロ選手になる夢がかない「しっかりプロのステージで活躍できることが大事。一日でも早く試合に出たい」。色紙には札幌日大高時代のスローガンだという「挑戦」の2文字を力強く記し、決意を示した。

 契約に先立ち、ひとつの“目標”を見つけた。6日に千葉・鎌ケ谷市の球団施設を見学。きれいに生えそろっていた芝生に驚いていると、グラウンドでは清宮らが練習しており「あいさつ程度でしたけど、テレビで見ている人だ、こういう人と野球をやるのか、と思ってしまいました」と圧倒された。守備と俊足が評価されてのプロ入りで「自分自身はまだまだメジャーじゃない」と認めるが、将来的には「自分も『テレビで見ている人』と思ってもらえるように活躍したい」と気持ちを新たにした。

 現在は、大学で後輩たちの練習に参加し、課題でもある打撃の強化に取り組んでいる。パワーをつけるため体重も来年1月の新人合同自主トレまでに80キロ台に増量することを目指し、打撃フォームも「できるだけボールを長く見られるような形に」改造中だ。大渕隆スカウト部長も「身体的にも前向きで誠実な面も伸びる要素はたくさん。伸びしろに期待している」と評価。目標とする西川遥輝外野手(27)のように「走攻守すべてでスケールの大きい選手」に追いつき、追い越すために自らを磨いていく。(遠藤 洋之)

 ◆片岡 奨人(かたおか・しょうと)1997年11月16日、札幌市生まれ。21歳。外野手。小2から野球を始め、札幌日大高で3年夏は北海道大会1回戦敗退。東日本国際大では3年生秋から主将となり、3、4年時に全日本大学選手権出場。3年秋に明治神宮大会出場。遊撃手は小学校時代に経験も「自分よりうまい人がいたので」と断念。184センチ、78キロ。右投げ左打ち。

 ◆エジプト考古学者・吉村作治学長「頑張って」

  • 片岡にエールを送った東日本国際大・吉村作治学長

    片岡にエールを送った東日本国際大・吉村作治学長

 仮契約前にはエジプト考古学の第一人者で、東日本国際大学長の吉村作治氏(76)が大渕スカウトらを出迎えた。昨年、同大学から初めてドラフト指名を受けて西武に入団した粟津凱士(かいと)投手(22)に続き、2年連続でのプロ野球選手誕生に「すごいことですよね。(片岡も)がんばってほしいよね」とエールを送っていた。

日本ハムとの仮契約終了後、色紙に「挑戦」と書き込み、決意を新たにした東日本国際大・片岡(カメラ・遠藤 洋之)
片岡にエールを送った東日本国際大・吉村作治学長
すべての写真を見る 2枚

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請