【ロッテ】前楽天・西巻の入団決定 平沢との仙台育英コンビ結成にも意欲

スポーツ報知
ロッテの入団テストに合格した前楽天の西巻は井口監督と握手

 ロッテの入団テストを受けていた前楽天の西巻賢二内野手(20)の合格が14日、正式決定した。支配下選手として契約する。年俸は480万円。167センチ、68キロと小柄な体格ながら、高卒1年目から1軍経験のあった有望株を獲得したことで、二遊間の強化に成功した。シート打撃は2打数1安打2四球と結果を残した。視察した松本球団本部長は「選球眼もいいし、実戦タイプ。高卒1年目から1軍の試合に出ていたし、いいものを持っている。うちとしては支配下でやれる」と評価した。

 井口監督も「しっかり振れるし、自分の形を持っている。まだ2年目で伸びしろ満載。(内野陣の)いい刺激になれば」と今後に期待を寄せた。

 西巻は新人だった18年には25試合で打率2割4分7厘をマークしたが、今季は2試合の出場にとどまり、シーズン後に楽天側から育成契約の打診を受け、「考える部分はあったけど勝負したいと思った」とロッテの入団テストを受けることを決断した。

 合格の吉報を受けた小兵は「素直にうれしいです。気持ち新たに頑張りたい。とにかく、どんな形でもいいので出塁をして得点に絡める選手になりたいです。出塁することが自分の持ち味。四球もヒットと同じ。相手に嫌がられる選手だと思う。1軍の舞台で競争に入っていけたら」と、レギュラー獲りに意欲。

 「憧れ」と語る仙台育英高の2歳上の先輩・平沢との共演にも期待が集まるが、「まずは自分がそのレベルに上がっていかないといけない」と成長を誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×