柳賢振、アジア出身投手初のサイ・ヤング賞ならず…デグロム&バーランダーが受賞

アストロズのジャスティン・バーランダー投手(ロイター)
アストロズのジャスティン・バーランダー投手(ロイター)

 全米野球記者協会会員によるサイ・ヤング賞が13日(日本時間14日)に発表され、ナ・リーグはメッツのジェイコブ・デグロム投手が2年連続2度目、ア・リーグはアストロズのジャスティン・バーランダー投手が8年ぶり2度目の受賞した。

 デグロムは11勝8敗、防御率2・43、リーグ最多の255奪三振。30票中29票の1位票を獲得する圧勝だった。メジャートップの防御率2・32だった柳賢振(ドジャースからFA)は、1位票を1票獲得しただけでアジア出身投手初の快挙はならなかった。

 バーランダーはメジャー最多の21勝(6敗)。防御率2・58、300奪三振をマーク。同僚で防御率1位(2・50)、最多奪三振(326)、20勝を挙げたゲリット・コールとの争いが注目されたが、1位票17で同票13のコールに差を付け171ポイント対159ポイントで逃げ切った。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請