【みらい探検隊】あこがれのアオリイカ!初挑戦で500グラムをゲット…相模湾・長井沖

みらいちゃんが初めて釣った500グラムのアオリイカ(辰丸で)
みらいちゃんが初めて釣った500グラムのアオリイカ(辰丸で)
今回は主にヤマシタのエギ王Kや同LIVEなどを使用
今回は主にヤマシタのエギ王Kや同LIVEなどを使用
アオリが乗った!慎重にリールを巻く
アオリが乗った!慎重にリールを巻く

 釣りガールの小野瀬みらい(27)が、アオリイカに挑んだ。みらいちゃんにとってアオリはあこがれのイカ。「絶対に釣るぞ」と意気込んで、三浦・長井港の報知指定・辰丸の乗合船に乗り込んで、相模湾の長井沖へ繰り出した。餌木でのしゃくり釣りは初体験とあって悪戦苦闘したが、見事に500グラムをゲット。念願のアオリを釣って「うれしい」と大喜びした。

 皆さん、事件です。なんと、初挑戦で500グラムのアオリイカを釣りました! エギングをどうしてもやりたくて、懇願して実現した今回の探検。初めてだけど先生はいない。それでも一度釣ってみたかったアオリイカ。

 とりあえず数種類の餌木とタックルだけ持って出船。釣り場は長井沖。ポイントに着くと梶ケ谷隆夫船長(64)が「14メートル」とタナを指示します。水面下14メートルに中オモリを合わせて、仕掛けがなじんだところでしゃくり開始。釣れている人の動作を見たり、まねをすることは大事だと教わってきたので、まずはほかの人たちのしゃくり方を観察です。皆さん、シャープにしゃくって、すぐに竿先を水平に戻して餌木が海底へ向けてゆっくり落ちていくのを待ちます。餌木が落ちていく時に、アオリが乗ってくることが多いそうです。

 早速、私の隣の人が、中型のアオリをゲットしました。釣れている餌木がどんなものかも気になるので、横目でチラリ。ふむふむ、チャート系で下地がマーブルだな。私も同じような餌木に変えましたが、釣れません。すると今度は、左舷船首近くで釣っていた人が、紫色の餌木でアオリを釣りました。「いいなぁ、紫の餌木なんか持ってないよ~」。そんなこと考えていると、その人がなんと釣れた餌木を貸してくださいました。この餌木にはエビの足のようなものが付いていました。

 ついでにしゃくり方もまねてっと。小さく鋭くしゃくっていると、ズドーン。アオリが乗った重みが手に伝わってきました。慎重にリールを巻き、梶ケ谷船長が差し出したタモ網に収まったのは、念願のアオリでした。うれしい~! 餌木を替えるだけで、こんなにも変わるものかと、びっくりしました。

 さらなる1杯を目指し、しゃくり続けます。「ここがよく釣れるから」と左舷船首の人が席を替わってくださいましたが、私には釣れません。終了間際、席を替わってくださった人が私の釣り座でアオリをゲット。やっぱり場所ではなく、腕の差なんですね(笑)。結果、1杯しか釣れなかったけれど、私にとって記念すべき日になりました。ですが、一人前になるまでの修業の道はまだまだ続くぞー!

(小野瀬みらい)

 ◆小野瀬みらい(おのせ・みらい)1992年3月16日、東京都生まれ、27歳。女優として舞台を中心に活動する一方で、2014年から約4年間、釣りビジョン「大漁! 関東沖釣り爆釣会」に出演した。「29日から新宿・新宿村LIVEで始まる舞台『白きレジスタンス~真実の刃(やいば)~』に出演します。詳しくはツイッターでお知らせします。チェックしてみてください」

 ◆めも アオリイカ釣りの近況、乗合船は長井港辰丸(TEL046・856・2778、HPはQRコード参照)。乗合船は午前6時30分出船。料金は氷付きで9000円。女性と中学生以下は割引あり。レンタルのタックル、餌木あり。駐車場もある。

みらいちゃんが初めて釣った500グラムのアオリイカ(辰丸で)
今回は主にヤマシタのエギ王Kや同LIVEなどを使用
アオリが乗った!慎重にリールを巻く
すべての写真を見る 3枚

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請