【ヤクルト】ドラフト5位の長岡が仮契約 同学年の奥川らに「最初は仲良くなれないと…」

ヤクルトからドラフト5位指名を受け、仮契約を結んだ八千代松陰高・長岡
ヤクルトからドラフト5位指名を受け、仮契約を結んだ八千代松陰高・長岡

 ヤクルトは13日、千葉市内でドラフト5位指名した八千代松陰高・長岡秀樹内野手(18)=175センチ、74キロ、右投左打=と契約金2500万円、年俸500万円で仮契約を結んだ(金額は推定)。背番号は「58」。「やっと実感がわいてきたというか、プロ野球選手になれたんだなと実感しました」と喜びをかみしめた。

 高校通算19本塁打、50メートル6秒1で、走攻守3拍子そろった遊撃手。リードオフマンとして今夏の千葉大会準優勝に導いた。「守備で観客を魅了できるような選手になりたいです。バッティングもそうですけど、守備でアピールできれば」と意気込んだ。

 気配りができて、勉強熱心な性格がうかがえる。理想の選手を聞かれると、小声で隣の橿渕スカウトグループデスクに他球団の選手でもいいか質問。「今宮健太(ソフトバンク)さんです。プロ野球選手として体は小さいけど成績を残されて、自分も大きくないんですけど、あれだけできると自分に夢を与えてくれた目標の選手です」と目を輝かせた。橿渕デスクは「うちにあまりいないタイプ。長岡自身の野球像を作ってほしい」と期待を込めた。

 9、10日には松山秋季キャンプを見学した。初対面のドラフト1位の星稜高・奥川、同6位の八戸学院光星高・武岡は同学年。「最初は仲良くなれないと思っていたんです。2人ともスーパースター。ガツガツ来たらどうしようとか…。(松山の宿舎が)一人部屋だったので自分から乗り込んで、甲子園に出た話とか練習内容とか1時間半ずつぐらいずっと聞いて、仲良くなりました」と笑顔を見せた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請