大阪東、エンジン全開!2戦連続完封&コールド勝ちで4強!!…第3回大阪東ボーイズ大会

2戦連続コールド&完封勝ちで準決勝進出を決めた大阪東ナイン
2戦連続コールド&完封勝ちで準決勝進出を決めた大阪東ナイン

◆第3回 大阪東ボーイズ大会 ◇中学生の部▽準々決勝 大阪東ボーイズ7―0京都洛北ボーイズ=5回コールド(10日・興国高校グラウンド)

 「第3回大阪東ボーイズ大会」が9日、開幕した。ホストの大阪東ボーイズは2回戦から登場。投打ががっちりかみ合い、2試合連続コールド勝ちを決め4強進出を果たした。

 V奪回に向け、大阪東ナインが力強く踏み出した。2試合連続5回コールド&完封勝利。最高の形で4強進出を決めた。

 初戦からエンジン全開だった。初回1死二塁から赤埴主将が「自分が決めるという思いで、積極的に振ることを心掛けた」と右中間へ先制三塁打。その後も得点を重ねると、先発・廣瀬も「直球は走ってなかったが、コントロールが良かった」と、切れのあるスライダーを武器に内野安打1本のみの5回無失点、6奪三振の好投を見せた。

 準々決勝も2回2死一、二塁で田頭が「チャンスだったので生かさないと。きた球を素直に打ち返そうと思った」と左中間へ先制の2点三塁打。投げても先発・吉田が「調子は良くなかったが、打たせて取るピッチングはできた」と緩急を駆使し、散発4安打に封じた。

 それでも「(快勝は)たまたま。自分たちの野球ができていない」と奥城監督。守備・走塁面でのミスを反省し、試合後も約2時間、ボール回しやノックで汗を流した。第1回大会でホストVを飾ったが、前回大会ではまさかの初戦敗退。2戦で5打数4安打2打点の活躍を見せた赤埴主将も「去年初戦で負けてしまったので、今年こそ2回目の優勝旗をつかみたい」と決意を口にした。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請