【ソフトバンク】工藤監督が4度目の正力賞受賞 王貞治氏と並び歴代最多「目標にしている王会長に、少しでも近づけるようにと思ってやってきた」

ソフトバンク・工藤公康監督
ソフトバンク・工藤公康監督

 3年連続でソフトバンクを日本一に導いた工藤公康監督(56)が13日、正力賞を受賞した。4度目の受賞は王貞治氏(79)と並ぶ歴代最多、2年連続での受賞は1994、95年のイチロー以来、2人目。秋季キャンプ休日のこの日、宮崎市内のホテルで会見。「目標にしている王会長に、少しでも近づけるようにと思ってやってきた。まだまだ追いつけない方。王会長のように、なれるように頑張っていきたい」とさらなる精進を誓った。

 今季は昨季に続き2年連続でV逸。史上初の2年連続下克上で、球団初の日本シリーズ3連覇を果たしたが、悔しさは忘れていない。「常にリーグ優勝、日本一を目指しているチーム。(来季は)必ずリーグ優勝できるように頑張っていきたい」とリーグV奪還へ力を込めた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請