尾上松也、ドラマ「課長バカ一代」主演に当たり役宣言「私は普段からほぼバカ。性に合っている」

「課長バカ一代」に出演する(前列左から)若槻千夏、尾上松也、永尾まりや、市川左團次(後列同)武野功雄、木村了、板橋駿谷
「課長バカ一代」に出演する(前列左から)若槻千夏、尾上松也、永尾まりや、市川左團次(後列同)武野功雄、木村了、板橋駿谷

 歌舞伎俳優の尾上松也(34)が13日都内で行われた主演のBS12ドラマ「課長バカ一代」(1月放送スタート)の記者会見に出席した。

 野中英次氏の人気漫画をドラマ化。“課長補佐代理心得”という珍妙な肩書きを持つ主人公、八神和彦を演じた松也は、原作と同じ白スーツにオールバック姿で登場。「普段から私はほぼバカ。こういう役は性分い合っていると自負している」と“究極のバカ”を演じ切って誇らしげなコメント。変顔を駆使するという工夫で役を演じていたという。

 女子社員役で共演の永尾まりや(25)はその変顔が“演技妨害”になったことを告白。「笑いをこらえるのが必死で。最終的に松也さんの顔を隠してもらって演技をした」と振り返った。若槻千夏、市川左團次らが共演。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請